「電気畑」実証実験開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「電気畑」実証実験開始
Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
Bookmark this on Digg
Bookmark this on @nifty clip
Share on LinkedIn
[`grow` not found]

独立型太陽光発電システム「電気畑」は太陽電池からの電気だけでシステムが完結させるものです。
家庭菜園のように、非常時の食糧と安全な野菜を作る楽しみながら電気を造る電気の家庭菜園「電気畑」です。

現在、太陽電池モジュールは次のようにキャスター付きの木製架台に設置しています。

充電・出力システムは下図のようになっています。

太陽電池モジュール(190W)で発生した電力(最大42V)をチャージコントローラで12Vに調圧し、バッテリー(110Ah)に充電します。
そしてインバータ(2000W)で直流12Vを交流100Vに変換し、家電に供給します。
バッテリー満タンにしますとPC1台なら30時間程度は利用できます。
今後は必要に応じてバッテリーを並列に増設していく予定です。
バッテリーを6台程度まで増設すれば1世帯が1日必要な電力は確保できます。
当面はソーラーパネル1枚で電気を造り、それをバッテリーに蓄え、非常時に備えるも、時々はそれを利用して電気料金を削減することができます。

カテゴリー: 自然エネルギー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。